レクサス、基幹SUV「RX」に3列シート仕様のロングバージョン追加へ

2017年11月20日 23:03

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

「Los Angeles Auto Show」で初公開となるレクサスRXのロングホイールベース版「RX 450hL」、グレード名にロングバージョンを示す「L」が加わる

「Los Angeles Auto Show」で初公開となるレクサスRXのロングホイールベース版「RX 450hL」、グレード名にロングバージョンを示す「L」が加わる[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタは11月16日、「レクサス」のミッドサイズSUV「レクサスRX」に、3列シートを備えたロングバージョンをラインアップに加えると発表した。発売時期などは明らかにしていない。

【こちらも】【トヨタ・新型レクサスLS】世界初!衝突回避に自動ブレーキ+自動ハンドル操作

 12月1日から10日まで開催されるロサンゼルス自動車ショー「Los Angeles Auto Show」(プレスデー:11月29日・30日、一般公開日:12月1日から10日)において、世界初公開する。

 RXはレクサスの中核モデルとなるSUVで、初代モデルは国内ではトヨタ・ハリアーとしてデビューした“クロスオーバー”というジャンルを構築した先駆的なモデルだった。現行モデルは2015年にフルモデルチェンジした第4世代で、ボディサイズは全長×全幅×全高4890×1895×1710mm、ホイールベースが2790mmで、乗車定員は5人。

 そのRXのロングホイールベース版として公開された写真は、リアエンドの一部だけだが、グレード名にロングバージョンを示す「L」が付いた「RX 450hL」となっている。トヨタによれば、「居住性・快適性を両立し、お客さまに新しい選択肢を提案する」ということである。

 従来の、メルセデスやボルボなどフルサイズSUVで3列シート仕様は従来から存在した。が、このところ、マツダCX-6などミッドサイズSUVなどでホイールベースを拡張し、3列シート仕様とするトレンドが業界で流行している。

 こうしたなか、RXも全長を5m程度までストレッチした多人数乗車SUVとして、ゆったりとした室内空間を確保したモデルとなる。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
レクサス、東京モーターショーで自動運転技術搭載車「LS+Concept」世界初公開
レクサス、最上級セダン「LEXUS LS」をモーターショー直前に発売
レクサス、東京モーターショーで新型「LS」公開、加えて新コンセプトカーも
レクサスの最量販SUV「NX」をマイナーチェンジ、安全装備の充実を図る
「LEXUS CT」マイナーチェンジ。アグレッシブな外観を得て、安全装備が充実

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車レクサス(LEXUS)SUVクロスオーバーハリアーボルボ

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース