スマホをAmazon Alexa対応スマートスピーカーに変えるアプリ「Apolo」登場

2017年11月17日 12:02

小

中

大

印刷

(画像: )

(画像: )[写真拡大]

写真の拡大

 Paddleは16日、スマートフォンをAmazon Alexa(アマゾンアレクサ)対応のスマートスピーカーに変えるアプリ「Apolo(アポロ)」のダウンロード販売を開始した。

【こちらも】アマゾン、スマートスピーカー「Echo」を国内で発売 対応スキルは250以上

 「アポロ」をインストールすると、スマートフォンをスマートスピーカーである「Amazon Echo(アマゾンエコー)」のように利用できる。アマゾンエコーの基本OSである「アマゾンアレクサ」を採用しており、対応のスマート家電をコントロールできるようになる。

 価格は12月14日まで360円、12月15日から720円となる。現在は日本語のみの対応で、今後英語やドイツ語も採用される予定だ。対応のスマートフォンは、iPhoneのiOS 10.0以上となっており、Android版も2017年度中に販売開始される予定だ。

●アマゾンエコーの機能をスマホで体験

 アポロは、お手軽にスマートスピーカーであるアマゾンエコーの機能を体験できる。アマゾンエコーは、話しかけることで音楽が再生できたり、スマート家電をコントロールできたりする最新のスピーカーだ。

 アポロを立ち上げているときに、「アポロ」と話しかけると音声での認識がスタートする。「今日の天気は?」と質問をすると、「本日の〇〇の天気は、晴れです。」というようにアポロが応答する。

●アポロの主な機能

 アプリの主な機能として、「アマゾンアレクサに対応したスマート家電のコントロール」を含め、「ユーザーが指定したニュースを音声で再生する」、「交通ニュースの確認」、「近所の飲食店やレストランの紹介」、「アマゾンで購入したことがあるグッズや商品を再注文する」機能などが採用されている。

●アマゾンエコーとアレクサ

 エコーはアマゾンが開発したスマートスピーカーだ。人の声のみで様々なリモート操作を可能としている。エコーに搭載されたアマゾンアレクサは、人の声を聞き取るほど独自で言葉を学んでいき、データが蓄積されるようになっている。

関連キーワードiOSiPhoneAmazoniOS 10Amazon EchoAlexa

「iOS / android アプリ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース