宇治茶の老舗「伊藤久右衛門」が京都宇治駅前に、茶房を併設

2017年11月16日 16:23

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 宇治茶の老舗「伊藤久右衛門」が、JR宇治駅前に新店をオープンする。オープン日は2017年11月15日(水)。

 天保3年に創業した「伊藤久右衛門」は、品質にこだわり丁寧に仕上げたお茶や、石臼挽きの宇治抹茶をふんだんに使用したチョコレート、大福、ロールケーキ、もなかといったスイーツなどを主に展開している。

 新店舗では、茶房メニューで1番人気の「抹茶パフェ」に、お土産物として評判の高い「抹茶ロールケーキ」を組み合わせた「抹茶ロールケーキパフェ」を限定発売。さらに、オープンから3日間限定で新作「宇治産いちごジャムとクッキー」も販売される。

 外観や内観のデザインもポイント。宇治のお茶屋らしさを演出し、鬼瓦には「茶」の文字を入れ、店舗前に犬矢来を設けるなど細部にまでこだわった。店内は開放感溢れる吹き抜けの売り場と、今まで宇治本店にしかなかった茶房を併設。趣がある落ち着いた茶房スペースからは、庭園を見ながらゆっくりとくつろげる。

【詳細】
伊藤久右衛門 JR宇治駅前店
オープン日:2017年11月15日(水)
住所:京都府宇治市宇治宇文字16-1
営業時間:10:00〜18:00(L.O 17:30)
休業日:年中無休(元日除く)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード京都府チョコレートケーキ

「グルメ・食品」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース