ホンダ、原付一種スクーターの「平成28年排出ガス規制」対応進める

2017年11月14日 21:12

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

全長×全幅×全高1650×670×1035mm、重量81kgと、取り回しやすい車体サイズに力強い出力特性と環境性能に優れた50cc原付一種スクーター、ホンダ「ジョルノ」、平成28年排出ガス規制に対応

全長×全幅×全高1650×670×1035mm、重量81kgと、取り回しやすい車体サイズに力強い出力特性と環境性能に優れた50cc原付一種スクーター、ホンダ「ジョルノ」、平成28年排出ガス規制に対応[写真拡大]

写真の拡大

 ホンダは、50cc原付一種のスクーターを着々と「平成28年排出ガス規制」に対応させている。

【こちらも】自立する電動バイク「Honda Riding Assist-e」 東京モーターショーで密かに注目

 同社のお洒落で愛らしいスタイル、取り回しやすい車体サイズに力強い出力特性と環境性能に優れた水冷・4ストローク・OHC・単気筒エンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載した50cc原付スクーター「ジョルノ」も、改良を受けて「平成28年排出ガス規制対応」したモデルとし、カラーバリエーションを変更し、11月14日から発売すると発表した。

 eSPエンジンは、enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたホンダのスクーター用エンジンの総称だ。

 今回、ボディカラーにプコブルーとパールソフトベージュを新たに採用し、継続色の5色を加えた全7色の設定で幅広い年齢層のユーザー嗜好に応える豊富なバリエーションとした。

 ホンダ「ジョルノ」は、親しみやすい丸みのあるデザインにヘルメットや小物を収納できるラゲッジボックスの採用や、グローブボックス内にスマートフォンなどを充電できるアクセサリーソケットを装備するなど、若年層を中心とした幅広い顧客に支持されているモデルだ。

 全長×全幅×全高1650×670×1035mm、重量81kgとコンパクトで軽量なのが売りで、単気筒エンジンは4.5psの最高出力と4.1Nmの最大トルクを発揮する。新たな燃料消費率表示であるWMTCモード燃費で58.4km/リッターをマークする好燃費も自慢だ。

 新型ジョルノの価格は、19.44万円、国内の年間販売台数は1万1500台を目指す。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
ホンダ、ビジネスバイクのロングセラーモデル「スーパーカブ」フルチェンジ
ホンダ、原付三輪「ジャイロ」を「平成28年排出ガス規制」に適合させ発売
厳しい環境・安全規制が国内販売バイク市場から、数多くの名車を駆逐する皮肉
「モンキー」生産終了でわかった、50cc原付バイクが日本で滅亡する日
日本郵便とホンダ、協働で郵便配達二輪車9万台を電動化。実証実験開始

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード本田技研工業原付(原動機付自転車)スクーター

「企業・産業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース