国際 RSS

 

米国、若い世代では金融資産に株や金よりもBitcoin選ぶ人が増加

2017年11月14日 08:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 米ベンチャーキャピタルのBlockchain Capitalが発表したBitcoinに対する意識調査結果によると、ミレニアム世代と呼ばれる18~34歳の世代で国債や株式、不動産といった一般的な資産よりもBitcoinを金融資産として選ぶ傾向が広まっているという(BloombergBlockchain Capital調査リリースSlashdot)。

 調査では18歳以上のアメリカ人2,000人以上に対し、1000ドル分の金融資産を受け取れる場合、政府債などの従来型金融資産とBitcoinのどちらを選ぶかなどを訊ねた。ミレニアム世代全体で国債よりBitcoinを選んだ人は30%で、同じく株式とBitcoinでは27%、不動産は22%、金は19%と、従来型金融資産よりビットコインを選ぶ人が増加しているという。

 18歳以上のアメリカ人2,000人以上のうち、30%は少なくともBitcoinに対する知識がある。ミレニアム世代では42%がBitcoinをよく知っていると回答。一方、65歳以上の人でBitcoinをよく知っていると回答した人はわずか15%だった。Bitcoinは8日には7882ドルと最高値を更新するなど価格上昇を続けており、こうしたことがミレニアム世代を引きつける要因ではないかと見る向きもあるようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | IT | お金

 関連ストーリー:
ロシアが政府公認の独自仮想通貨「クリプトルーブル」を導入 2017年10月18日
韓国、新規公開仮想通貨の発行(ICO)による資金調達を禁止。信用取引も禁止へ 2017年10月04日
中国のビットコイン取引規制の影響で日本円でのビットコイン取引が増加 2017年09月25日
北朝鮮、国連の制裁強化に備えてビットコインとハッキングを活用? 2017年09月15日
JPモルガンCEO曰く「ビットコインは詐欺」 2017年09月15日
中国、ビットコイン取引所についても規制へ 2017年09月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカビットコイン(Bitcoin)

「国際経済」の写真ニュース

国際の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース