マツダ ロードスター、現モデル初の改良&特別仕様車「RED TOP」発売

2017年11月11日 11:59

小

中

大

印刷

マツダ ロードスター(RED TOPモデル)(画像:マツダ発表資料より)

マツダ ロードスター(RED TOPモデル)(画像:マツダ発表資料より) [写真拡大]

写真の拡大

  • マツダ ロードスター(RED TOPモデル)(画像:マツダ発表資料より)

 マツダは、同社のブランドアイコンモデルであるオープンカー「ロードスター」と「ロードスターRF」の、現行モデルとしては初となる商品改良を行うことを発表した。併せて発売となる特別仕様車「RED TOP(レッド・トップ)」とともに、12月14日にリリースされる。

【こちらも】マツダ・ロードスターRF、世界工業製品の最高峰デザインアワード受賞

 ロードスターの初代発売は1989年のことだ。現在のモデルは2015年に発売された4代目であり、2016年にはワールド・カー・オブ・ザ・イヤーとワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを世界で初めてダブル受賞する快挙を成し遂げている。

 今回の商品改良においては、まずボディカラーに新色が3つ追加される。ソウルレッドクリスタルメタリック、スノーフレイクホワイトパールマイカ、エターナルブルーマイカである。また、ロードスターのコンセプトである「人馬一体」をさらに追及するため、リアサスペンションと電動パワーステアリングの制御に綿密なチューニングを施して、しなやかかつ上質な走りを実現している。また、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」が導入される。

 特別仕様車「RED TOP」は、ダークチェリー色のソフトトップに、オーバーン(赤褐色)のナッパレザーシートのインタリアを採用した、個性的なカラーコーディネーションを可能とするモデルだ。ドアミラーはボディーと同色で、ボディーとソフトトップの2トーンカラーのコントラストを際立たせる。

 なお、2018年3月31日まで、横浜のマツダR&Dセンター横浜 1Fロビーと、大阪のマツダブランドスペース大阪において、RED TOPの展示が行われる。

 改良後のロードスターおよびロードスターRFの価格は、249万4,800円~374万7,600円。RED TOPはマニュアル車が304万5,600円、AT車が315万3,600円である。(藤沢文太)

関連キーワードマツダ特別仕様車ロードスターi-ACTIVSENSEロードスターRF

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース