CG研究の第一人者、西田友是・東大名誉教授が紫綬褒章を受章

2017年11月10日 14:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 西田友是・東大名誉教授が、コンピュータグラフィックス(CG)関連の功績で紫綬褒章を受章した(東大の発表shi3zの長文日記)。

 西田教授は3DCGにおいて光源や間接光を描画する手法の1つであるラジオシティ法の開発者の1人として知られるほか、CG関連でさまざまな業績を上げており、2005年には国際会議「ACM SIGGRAPH」のSteven A. Coons 賞を受賞していた。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 日本 | グラフィック | IT

 関連ストーリー:
「初音ミク」生みの親に藍綬褒章 2013年11月05日
「顔入れ替え」CG 合成を低予算で実現できるシステム、ハーバードの学生が構築 2011年12月12日
AKB48の「期待の新人」はCG合成の非実在アイドルだった 2011年06月20日
NHK、手話CG翻訳生成システムを開発中 2011年06月08日
坂村健に紫綬褒章 2003年04月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース