国際 RSS

 

ロシアで観測された謎の発光球体、正体は大陸間弾道ミサイル

2017年11月8日 07:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 10月26日、北極圏にあるロシアの都市サレハルドで夜空に発光球体が目撃された。折しもオーロラのシーズンだったため夜空を見上げていた人が多く、SNSや地元メディアには様々な場所から撮影された写真が投稿・掲載されており、YouTubeには動画もアップされているSiberian Times)。

 この発行球体の正体は当初不明だったが、その後ロシアのミサイルだったことが判明したという(ナショナルジオグラフィックNational Geographic)。

 ロシア戦略ロケット軍が同時刻、モスクワの北にあるプレセツク宇宙基地からカムチャッカ半島のクラにあるミサイル実験場に向けて大陸間弾道ミサイル「トーポリM」を発射したことを認めており、ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの天体物理学者、ジョナサン・マクダウェル氏によると、同時に発射された4発のうちの1発が爆発してこういった球状の光が現れたようだ。極めて高空を飛来中の出来事であるため、空気に邪魔されずに綺麗な球状に飛散し、かつ、地上は夜でも地球に遮られずに直射日光を散乱して輝いてみえた、と説明されている。

 サレハルドより南方800kmらしいので、むしろ極夜に近いサレハルドだけが夜だったから見えたのかも。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 軍事 | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
埼玉県南部で目撃された「謎の光」、正体は電飾付きスカイダイバー 2017年07月13日
米西海岸で謎の飛行物体、実は米海軍が試験のため発射したミサイルだった 2015年11月12日
電波望遠鏡が検知した謎の信号、正体は電子レンジからの電波だった 2015年04月24日
インド軍、惑星を無人偵察機と間違える 2013年07月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード弾道ミサイルロシアロケット

「国際その他」の写真ニュース

国際の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース