【株式市場】円安進むとの見方が増え日経平均は21年ぶりの2万2000円台に進む

2017年10月27日 16:06

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

日経平均の終値は2万2008円45銭(268円67銭高)、TOPIXは1771.05ポイント(17.15ポイント高)、出来高概算(東証1部)はは19億9118万株。

日経平均の終値は2万2008円45銭(268円67銭高)、TOPIXは1771.05ポイント(17.15ポイント高)、出来高概算(東証1部)はは19億9118万株。[写真拡大]

写真の拡大

◆日経平均の終値は2万2008円45銭(268円67銭高)、TOPIXは1771.05ポイント(17.15ポイント高)、出来高概算(東証1部)はは19億9118万株

 27日後場の東京株式市場は、ECB(欧州中央銀行)理事会を受け、米国に続き欧州も量的緩和政策の縮小に動く方向となり、米欧金利の上昇傾向が強まれば円安も強まるとの見方があり、キヤノン<7751>(東1)やファナック<6954>(東1)が一段ジリ高となった。  日経平均もジリジリ上値を追い、大引けにかけて276円72銭高(2万2016円50銭)まで上げた。大引けも2万2000円台を保ち、1996年7月以来21年ぶりの2万2000円台となった。東証2部指数、マザーズ指数、日経平均JASDAQ平均も高い。

 後場は、日立製作所<6501>(東1)が一段ジリ高になるなど、日本の主力株を買う動きが見られたほか、幸楽苑ホールディングス<7554>(東1)がペッパーフードサービス<3053>(東1)との提携を材料に急伸するなど、材料株も強い。創薬ベンチャーのキャンバス<4575>(東マ)は米国で抗がん剤候補の試験が進展と発表しストップ高。

 東証1部の出来高概算は19億9118万株(前引けは10億3817万株)、売買代金は増加して3兆1008億円(同1兆5044億円)。1部上場2032銘柄のうち、値上がり銘柄数は1592(同1447)銘柄、値下がり銘柄数は368(同478)銘柄。

 また、東証33業種別指数は31業種(前引けは30業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、銀行、医薬品、繊維製品、情報・通信、パルプ・紙、ゴム製品、金属製品、不動産、石油・石炭、小売り、その他製品、などとなった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】ホットランドは1Q好決算を手掛かりに通期12月期業績の上ぶれ期待を高めて続伸(2017/06/02)
【株式評論家の視点】LITALICOは18年3月期は新規開設30拠点を計画、今期2ケタ増収増益の続伸見込む(2017/06/12)
【編集長の視点】三栄建築設計は連続の最高業績・増配を再評価し超割安株買いが拡大して続伸(2017/06/05)
【小倉正男の経済コラム】ふるさと納税規制にみる中央集権再強化(2017/06/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース