「太平洋上で水爆実験」報道を受け豊和工業や石川製作所など再び急動意

2017年10月26日 10:20

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■先の北朝鮮外相の示唆を文字通り受け取るべきだとの発言が伝わる

 26日朝の東京株式市場では、ロイター通信による「北朝鮮「太平洋上で水爆実験」示唆は文字通り解釈を=CNN」(10月26日午前8時過ぎ配信より)との報道を受け、防衛産業関連銘柄が軒並み動意を再燃させた。

 10時を過ぎて、自動小銃などの豊和工業<6203>(東1)は17%高の2072円(297円高)前後で推移し、水中兵器などの石川製作所<6208>(東1)は6%高の3720円(200円高)前後、また、ホームページにズバリ「防衛関連製品」というコーナーがある理経<8226>(東2)は5%高の229円(11円高)前後で推移している。

 報道は、「北朝鮮外務省高官のリ・ヨンピル氏は、李容浩(リ・ヨンホ)外相が先月、太平洋上で水爆実験を行う可能性を示唆したことについて、文字通り受け取るべきだと指摘した。25日に放送されたCNNとのインタビューで語った」(ワシントン25日ロイター)などと伝えた。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】ホットランドは1Q好決算を手掛かりに通期12月期業績の上ぶれ期待を高めて続伸(2017/06/02)
【株式評論家の視点】LITALICOは18年3月期は新規開設30拠点を計画、今期2ケタ増収増益の続伸見込む(2017/06/12)
【編集長の視点】三栄建築設計は連続の最高業績・増配を再評価し超割安株買いが拡大して続伸(2017/06/05)
【小倉正男の経済コラム】ふるさと納税規制にみる中央集権再強化(2017/06/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース