【話題】「あおり運転」による重大事故を受けカーメイトやオートウェーブなど急伸

2017年10月20日 11:40

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■ドライブレコーダーの売り上げが前年同時期比3倍と伝えられ思惑広がる

 カーメイト<7297>(JQS)は20日、連日ストップ高の急伸となり、10時40分を回っては買い気配のまま1016円(150円高)で推移。高速道路などでの「あおり運転」による重大事故を受け、360度カメラ付ドライブレコーダーなどを発売することが連日、材料視されている。

 NHKニュースWebでは、「ドライブレコーダー売り上げ急増、交通トラブル対策」との見出しで、「交通トラブルによる事故が各地で相次ぐ中、危険な運転や事故に遭遇した際に自分の身を守るため、ドライブレコーダーを買い求める動きが広がっています」「東京・大田区にある大手自動車用品店では(中略)今月に入ってから、17日までに、ドライブレコーダーの売り上げが前の年の同じ時期と比べて3倍に上っているということです」(10月17日17時42分配信より)と伝えた。

 こうした情勢を受け、20日は、千葉県が地盤のオートウェーブ<2666>(JQS)も15%高の144円(19円高)まで上げて出来高も急増している。19日は、JVCケンウッド<6632>(東1)が昨年来の高値を更新し、イエローハット<9882>(東1)は2000年以降の最高値を更新した。

 また、直接ドライブレコーダーに携わっているわけではないが、「株式投資は連想ゲーム」(市場関係者)とされてプリント配線基板の大手・京写<6837>(JQS)に注目する様子もある。業績好調などを背景に10月6日の523円から3日間で674円まで3割近く上げた値動きの良さが注目のベースになっているようで、19日は再び動意を強めて9%高の629円(52円高)となった。あおるわけではないが、テクニカル的には騰勢第2波がイメージできそうだとの見方が出ている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】ホットランドは1Q好決算を手掛かりに通期12月期業績の上ぶれ期待を高めて続伸(2017/06/02)
【株式評論家の視点】LITALICOは18年3月期は新規開設30拠点を計画、今期2ケタ増収増益の続伸見込む(2017/06/12)
【編集長の視点】三栄建築設計は連続の最高業績・増配を再評価し超割安株買いが拡大して続伸(2017/06/05)
【小倉正男の経済コラム】ふるさと納税規制にみる中央集権再強化(2017/06/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース