ローソン、“宇宙で食べたい”からあげクン「ブラックホール味」発売

2017年10月20日 11:58

小

中

大

印刷

「からあげクン ブラックホール味(ブラックペッパー)」(写真:ローソンの発表資料より)

「からあげクン ブラックホール味(ブラックペッパー)」(写真:ローソンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「じゃりじゃりとしたシュガートースト(左)とふわふわワッフルサンド2個入(さつまいも&レアチーズ)(右)」(写真:ローソンの発表資料より)

 ローソンは、今年5月から6月にかけて行った“みんなでつくる「からあげクン宇宙で食べたい味」”でグランプリに選ばれた「からあげクン ブラックホール味(ブラックペッパー)」を、12月5日に発売する。人気マンガ「宇宙兄弟」連載10周年を記念して行われた企画により生まれたアイディア商品だ。210万食の数量限定となり、価格は216円(税込)。

【こちらも】ローソン、『ほうじ茶』使用の「幕の内」や「スイーツ」を近畿限定で発売

■発売商品

 「からあげクン ブラックホール味(ブラックペッパー)」

 国産若鶏100%を使用し、竹炭パウダーとイカ墨を使った黒色のからあげクン。ブラックペッパーがよく効き、ピリッと辛い味となっている。

■「からあげクン」とは

 「からあげクン」は、1986年の発売以来、約220種類を販売しているローソンの看板商品。地域限定の味や、アニメや映画とのコラボなど、累計で27億食以上を販売。最近では、9月26日に、徳島のすだちぽん酢を使った「からあげクン すだちポン酢味」を中四国で発売した。

■「宇宙日本食」申請へ

 「からあげクン」は、これまでに販売した数を並べると直線距離で月に到着し、折り返して、地球に帰る1/3を超えた地点に達する。現在は、2020年に「宇宙日本食」としてJAXAに認めてもらうために申請を進めている。日本の宇宙飛行士に日本食の味を提供することで、長期滞在中の精神的ストレスから解放され、仕事の効率を図ってもらうことが目的だ。

■地域活性化の共同開発商品も発売

 また、ローソンは、山形県酒田光陵高等学校家庭部の生徒と共同開発した商品を東北限定で10月24日より期間限定にて販売する。ベーカリー「じゃりじゃりとしたシュガートースト(135円)」とデザート「ふわふわワッフルサンド2個入(さつまいも&レアチーズ)(175円)」の2品。

 この他、最近では、青森県、長崎県、島根県の生徒と共同開発したベーカリーやデザートを発売している。この企画では、地域活性化を願う生徒と共に地域に密着し、地産地消を進めている。今後も、地域活性化のために、ご当地食材を使い、商品開発を図る考えだ。(さゆり)

関連キーワード青森県山形県コラボレーションローソン島根県長崎県ブラックホール宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙兄弟

「コンビニ」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース