三井化学、「液晶レンズ」を組み込んだ遠近切替メガネ開発

2017年10月12日 22:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 三井化学が、「液晶レンズ」を組み込んだメガネ「TouchFocus」を開発した(三井化学の発表日経新聞)。

 液晶レンズはレンズ内に液晶を組み込んだもので、印加する電圧に応じて屈折率が変化し、レンズの焦点距離が変化する。TouchFocusはフレーム部に電子回路が組み込まれており、フレーム脇に搭載されたタッチセンサーで焦点距離を遠距離用と近距離用に瞬時に切り替わる。

 既存の遠近両用メガネはレンズの場所によって焦点距離が変わるため、足下が見にくいという問題があるが、このメガネではレンズ全体の焦点距離が切り替わるためこういった問題が発生しないのが画期的だ。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
プログレッシブレンズの遠近両用メガネはコンピューターユーザーに不向き? 2015年01月05日
撮影後にピントを変えられるライトフィールドカメラ「Lytro ILLIUM」、国内で12月上旬に発売 2014年11月09日
オートフォーカスメガネレンズ 2006年04月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード三井化学

「化学・製薬業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース