AOL Instant Messenger、12月15日にサービス終了

2017年10月12日 22:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Oathは6日、AOL Instant Messenger(AIM)のサービスを12月15日で終了することを発表した(サービス終了に関するヘルプページThe GuardianThe VergeNeowin)。

 1997年にリリースされたAIMはソーシャルメディア登場以前のコミュニケーションツールとして、後発のMSN Messengerと激しい競争を繰り広げた。そのMSN Messenger(Windows Live Messenger)も2014年にサービス終了を発表2016年時点では一部利用できていたが、現在はSkypeへの移行に関するサポートページもなくなっており、完全に終了したようだ。

 AIMが使用できるのは12月15日の午前中まで。以降はサインインできなくなり、すべてのデータが削除される。Buddy Listを保存することはできないが、チャットログやファイルを保存する手順はヘルプページに記載されている。電子メールアドレス「@aim.com」は引き続き使用できるとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 通信 | インターネット | アメリカオンライン | IT

 関連ストーリー:
ロシア、中国微信やLINEなどの利用を禁止 2017年05月13日
Yahoo! Messenger旧バージョンのサービス終了に困惑する石油トレーディング業界 2016年07月30日
Outlook.com、Windows Live Mail 2012のサポート終了へ 2016年05月10日
MSN Messenger、10月31日に完全終了 2014年09月02日
Yahoo!メッセンジャー、サービス終了へ 2014年01月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWindowsSkype

「インターネット・ウェブサービス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース