脂肪を溶かす「貼り薬」、米国の研究者が開発

2017年9月23日 15:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 米国の研究者らが「脂肪を溶かす貼り薬(パッチ)」を開発したそうだ(AFPACS Nano誌掲載論文)。

 このパッチは微細な針が付けられており、この針を経由して皮膚の下の組織へと成分を送り込むという。これによってエネルギーを蓄積する白色脂肪を、エネルギーを燃焼する褐色脂肪へと変化させるという。

 マウスを使った4週間の実験では、パッチが貼られた部分の脂肪が20%減少したとのこと。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 医療

 関連ストーリー:
トクホ「難消化性デキストリン」に疑問の声 2017年04月12日
「ヘルシー」な食品ってどんなもの? 2017年02月19日
アスパルテームには肥満化作用がある? 2016年12月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース