Nintendo Switchを解析したハッカー、ファミコンエミュレーターを発見

2017年9月21日 07:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 9月16日、Homebrew開発サイトの解析により、Nintendo Switchでファミコンの「ゴルフ」が遊べることが判明した。これは、バーチャルコンソールでファミコンソフトが配信される、という意味ではなく、出荷されている全てのNitnendo Switchにあらかじめ内蔵されていて、Joy-Conを使えば2Pモードでもちゃんと遊べる状態であるらしい(Ars Technica)。

 Title listに含まれているFlogというのがファミコンエミュレータで、「golf」の逆さ読みをファイル名にしているところからみると、イースターエッグの可能性が高いとは思う。

 もし、将来この機能が解放されるのなら、いわゆるアンロック商法というやつだが、有料DLCの目玉にするとも思えないし。

 解析によると、任天堂の元社長、故岩田聡氏の命日である7月11日に、Joy-Conを取り外してそれぞれを右手と左手で持ち、特定の動きをすることで起動できるようになるという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 任天堂 | ハードウェアハック

 関連ストーリー:
HORI、ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン向けに連射パッドを復刻 2017年09月07日
Switchの累計販売台数は120万台、スプラトゥーン2は3日間で67万本を販売 2017年07月28日
Nintendo Switchのオンラインサービス詳細が発表、料金は300円/月から 2017年06月02日
Nintendo Switchのゲームカートリッジは苦い 2017年03月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードゴルフ(スポーツ)ハッカー任天堂Nintendo Switch

「ゲーム関連」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース