トヨタ・ハイラックス、13年ぶりに国内販売復活 生産はタイ

2017年9月14日 11:14

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

日本国内で2004年に販売を終了したハイラックス復活。ダブルキャブのピックアップでタイ生産、写真は上級版Zグレード、374.22万円

日本国内で2004年に販売を終了したハイラックス復活。ダブルキャブのピックアップでタイ生産、写真は上級版Zグレード、374.22万円[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタが、ピックアップトラックのハイラックスを13年ぶりに日本市場へ復活・導入。全国のトヨタ店を通じて9月12日に発売した。

【こちららも】トヨタ・新型カムリ試乗記(上)オジサン車と言わせない レザーパッケージの不思議

 今回発売となった新型ハイラックスは、2015年5月にタイで発表された8代目のモデルで、タイで生産し、輸入車として日本国内販売となる。

 ボディタイプはダブルキャブのピックアップのみ。エクステリアは、「タフ&エモーショナル」をコンセプトに、迫力と躍動感を表現したという。ボディサイズは全長×全幅×全高5335×1855×1800mm、ホイールベースは3085mmと、なかなか立派なディメンションだ。

 搭載エンジンは2.4リッター4気筒ディーゼルターボで、最高出力150ps(110kW)/3400rpm、最大トルク40.8kg.m(400Nm)/1600-2000rpmを発揮。6速オートマティックと本格派パートタイム式4WDを組み合わせる。

 サスペンションは前ダブルウイッシュボーン式、後はリーフリジッド式として快適性とタフネス性を両立した。

 同時に、ヒルスタートアシストコントロールやアクティブトラクションコントロール、ダウンヒルアシストコントロールを設定して、さまざまな路面状況に応じて駆動力を制御。オンロードからオフロードまで本格4WD車としての高い走行性能を実現した。燃費はJC08モードで11.8km/リッターを記録する。

 インテリアは、随所に施したシルバー加飾、青色で統一した室内イルミネーションなどが、洗練さを演出。外板色にはネビュラブルーメタリック、クリムゾンスパークレッドメタリックを含む5色を設定し、内装色はブラックとしている

 ハイラックスは1968年の発売開始以来、約180の国および地域で販売。累計世界販売台数は約1730万台だ。

 今回のハイラックス日本市場への導入は、日本国内では2004年に販売を終了したものの、おもに業務作業で使用するハイラックス保有者が現在、なお約9000名おり、「復活して欲しい」という声が多く、その要望に応えるためとしている。

 ただ、今回のハイラックスは、1ナンバークラスで毎年車検が必要、高速道路での料金が少し高い、など国内での実用面で課題も多い。このあたりが消費者にどう評価されるか興味深い。

 トヨタでは、「堂々とした佇まいがもたらす、人とは違うモノを所有する喜び」や、「世界中で鍛え抜いたタフさ」を持ったクルマで、「溌剌とした人生を楽しみたい」というライフスタイルを指向するアクティブなユーザーに発信するという。販売目標は2000台/年。価格はXグレードが326.7万円、上級のZグレードが374.22万円。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
SUBARU、FRスポーツ「BRZ」をマイナーチェンジして2018年型モデルを発表
EVバブルに踊らない。内燃機関は死せず、新環境技術で存続させる
トヨタ、安全支援装置搭載車の事故低減効果公表、同時にクラウンの特別仕様車発表
加速する車の「電装化」を牽引する、日本の高い技術力
電気自動車を巡る話題は国際的に“花ざかり” だが、コトはそれほど簡単ではない

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車ピックアップトラックハイラックス

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース