JPモルガンの最高経営責任者であるJamie Dimon氏、「ビットコインは最終的に自滅する詐欺」だと語る

2017年9月13日 11:54

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:54JST JPモルガンの最高経営責任者であるJamie Dimon氏、「ビットコインは最終的に自滅する詐欺」だと語る
JPモルガン・チェースの最高経営責任者であるJamieDimon氏は、「仮想通貨は詐欺だ」と発言して。ビットコインをねらい打ちした。
JamieDimon氏
JamieDimon氏は、バークレイズが主催する銀行業界会議で「チューリップバブルよりも悪いが、それはうまく終わらないだろう。誰かが殺されるだろう」と述べた。「通貨は法的支援を受けている。それは自滅するだろう」
ビットコインは、JamieDimon氏のコメント後、セッションの最中に安値で取引を開始した。2017年9月12日(火)午後2時5分現在ニューヨークでは、ビートコインは4,154.04ドルで、0.8%減少した。
JamieDimon氏の発言は、ウォールストリートでもっともよく知られている人物の何人かが、仮想通貨を受け入れ始めた時にあった。FundstratのTomLee氏は、2018年、ビットコインが6000ドルに急騰すると言い、伝説の投資家であるBillMiller氏がビッドコインを所有していると報じられた。ビットコインは2017年、すでに315%上昇している。
2017年9月12日(火曜日)の早朝に、JamieDimon氏は、JPモルガンの取引収入のさらなる低下について警告した。JamieDimon氏は、第3四半期の取引収入は前年比で約20%減少すると述べた。また、JPモルガンは今後、四半期内のガイダンスを提供しないかもしれないと述べた。
JPモルガンの株価は、このセッションの最高値を下回ったが、その日のうちに1.4%上昇した。
これは、Citigroupの最高経営責任者であるJohnGerspach氏が同様の警告を発した直後に起きた。2017年9月11日(月曜日)、JohnGerspach氏は、市場のボラティリティが低いことを理由に、Citiの取引収入は15%減少する可能性があると述べた。
2017年は何十年もの間でもっとも冷ややかな市場である。シカゴ・オプション取引所のボラティリティ指数(VIX)は、2017年の初めには、20年以上で最低水準を記録した。第2四半期も、JPモルガンの取引単位は弱いものだったので、前年同期比でいえば、取引収入は14%減少した。
JamieDimon氏は、2017年9月12日(火曜日)に、ニューヨークで開催された「DeliveringAlphaカンファレンス」でも講演を行った。
出典:CNBC


【ニュース提供・エムトレ】《HT》

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告