任天堂、ミニスーファミの予約を9月16日より開始 発売日以降も出荷継続

2017年9月13日 11:59

小

中

大

印刷

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」のパッケージ(写真: 任天堂の発表資料より)

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」のパッケージ(写真: 任天堂の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 任天堂は12日、同社の公式Twitterにて「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の予約を16日より開始すると発表した。発売日は10月5日、販売価格は7,980円(税込み)を予定している。また、発売日以降も出荷をすることも発表している。

【こちらも】「ミニスーファミ」に「リプレイ」や「いつでもセーブ」機能

 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は1990年11月21日に発売され、全世界で4,900万台以上を売り上げたヒット商品「スーパーファミコン」を小型化した据置型ゲーム機。コントローラーのみ当時と同サイズとなるが、本体は手の平サイズにも関わらず、ネジの位置を含め発売当時のスーパーファミコンを完全再現している。

 ロムカセットの利用はできないが、コントローラーが2つ付属している他、「スーパーマリオワールド」「スーパーマリオカート」「聖剣伝説2」「ファイナルファンタジー6」など往年の名作品21タイトルが本体に内蔵されており、購入後すぐに遊ぶことが可能となっている。

 さらに1993年2月21日に発売されたスーパーファミコン用3Dシューティングゲーム「スターフォックス」の続編、「スターフォックス2」の収録も発表されている。「スターフォックス2」は完成後20年あまりも未発売だった幻のソフトで、ファンからは発売を熱望する声があがっていたが、今回、遂にお披露目となる。

 また同社は、2016年11月10日に発売し人気を得た「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の生産を、2018年から再開することも同時に発表した。ミニファミコンは、1983年7月15日に発売された「ファミリーコンピュータ」の小型モデルとして、ソフト30本を内蔵し人気を得たが、今年4月に生産を一旦中止する旨が発表されていた。販売開始時期に関しては後日アナウンスするとのこと。

関連キーワード任天堂ファイナルファンタジーニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータマリオカートニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン

「ゲーム関連」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース