スマホ連動で室内見守りのIoTカメラ「eCamera」、月額不要 ペットの確認も

2017年9月12日 06:48

小

中

大

印刷

「eCamera」(写真:リンクジャパン発表資料より)

「eCamera」(写真:リンクジャパン発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • スマートフォンへの通知のイメージ(写真:リンクジャパン発表資料より)
  • 室内の見守りにも(写真:リンクジャパン発表資料より)
  • ペットの様子を確認(写真:リンクジャパン発表資料より)
  • (写真:リンクジャパン発表資料より)
  • (写真:リンクジャパン発表資料より)

 リンクジャパンは11日、スマートフォンで室内を確認できるカメラ「eCamera」を、15日に一般販売すると発表した。人の気配を察知した場合は、スマートフォンへ通知。室内にいるペットの様子を動画やスクリーンショットで保存し、SNSでシェアすることも可能だ。価格は9,980円(税別)で、Amazon.co.jpにて一般販売される。

【こちらも】場所選ばず手軽に設置できるクラウド録画カメラ「Safie対応CC-2」発売


■動体検知と双方向通話 月額費用は不要

 「eCamera」の魅力は、月額費用なしで室内の様子をスマートフォンから確認できることだ。撮影範囲は約90度のため、部屋の隅に設置すれば室内をほぼ撮影できる。また、14個の赤外線ナイトビジョンにより夜間の状況も撮影。専用アプリはiOSとAndoroidに対応している。

 「動体検知機能」が人の気配を察知。セキュリティをONにすることで、感知した際はスマートフォンに通知が届く。前後7秒間の状況を自動で録画するほか、カメラの双方向通話機能によってスマートフォンから室内へ声かけすることもできる。この通話機能は、室内にいる人との会話にも役立つだろう。

 タイムラグを最小限に抑えることにも成功。インターネットが使えない環境下でも、動画を保存してくれる。ネットワーク通信が弱い場合は、LD・SD・HDの3段階から画質の変更を行える。

■留守番しているペットの様子をSNSでシェア

 「eCamera」は、ペットの様子を確認することにも役立つ。留守番中の可愛い行動をリアルタイムで眺められるため、仕事の休憩中に心を癒せるだろう。さらに、その瞬間を動画やスクリーンショットで保存し、InstagramやFacebookでシェアすることもできる。「eCamera」を用いることで、ペットの様子をより自然な形で映像に残せるようになる。

■家族で情報を共有 eCamera複数設置は5台まで可能

 家族それぞれがアプリのダウンロードと簡単なセットアップを行えば、「eCamera」の情報を共有できる。ペットを飼っている場合、各々が留守番中のペットを眺められる。

 1つのスマートフォンに対する最大接続台数は5台。複数台設置した場合でも、アプリ画面で一括管理可能だ。(さくらい)

関連キーワードFacebookInstagramAmazon.co.jpIoT(Internet of Things)

「AV機器・カメラ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース