民進・前原代表、各党に就任あいさつ

2017年9月9日 10:25

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 民進党の前原誠司代表ら党幹部らは8日、就任あいさつのため、自由党、社民党、共産党のほか、自民党など各党・各会派を訪ねた。このあと前原代表は記者団に応じ「政治には一刻の空白もあってはならない」とし、今月下旬に開かれる臨時国会へしっかり準備していくとの考えを述べた。

【こちらも】民進党、幹事長に大島氏 枝野氏は代表代行に 松野氏が国対委員長

 また来月22日に実施される衆院補欠選挙(青森、新潟、愛媛)に対しては「小選挙区を戦うので、当然、候補者は少ない方がいいのは当たり前。そういうなかで、どういう戦い方をするのかについては、今後、愛媛、青森、新潟各県の地方組織とも話し合いをしながらしっかりとした態勢を組んでいければと考えている」と述べた。

 この日の党常任幹事会で党役員の主要ポストが決まったが、人事について前原代表は「誰もが臨時国会や3つの衆院補欠選挙、いつ実施されるか分からない衆院解散総選挙に全力で当たっていくことになる。しっかり、その能力を発揮してもらうポジショニングができたのではないか」と自ら及第点の人事と今後の成果に期待した。

 党副代表には近藤昭一元環境副大臣、原口一博元総務大臣、平野博文元文科大臣、阿部知子衆院議員、桜井充元財務副大臣、神本美恵子参院議員、小林正夫元厚労大臣政務官、相原久美子参院議員が決まった。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
民進党 山尾氏の離党届を受理、論客の一人失う
政策・理念分かりやすく打ち出してと神津会長
野党共闘を野合とは、あまりに浅はか 志位委員長
枝野民進代表代行、大島幹事長、松野国対委員長
総選挙に選択肢示すのは責務、政権交代目指す

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自民党民進党共産党前原誠司選挙臨時国会自由党

「国内政治」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース