経済 RSS

 

地域活性化に期待 アニメ聖地88箇所が発表

2017年9月8日 11:16

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

アニメのモデルとなった場所を実際に訪れる「聖地巡礼」。観光客の増強を目的として一般社団法人アニメツーリズム協会は『訪れてみたい日本のアニメ聖地88』を実施。今やアニメとのコラボレーションは、各自治体・観光施設の集客増大を期待が期待できる政策の1つとなっている。

アニメのモデルとなった場所を実際に訪れる「聖地巡礼」。観光客の増強を目的として一般社団法人アニメツーリズム協会は『訪れてみたい日本のアニメ聖地88』を実施。今やアニメとのコラボレーションは、各自治体・観光施設の集客増大を期待が期待できる政策の1つとなっている。[写真拡大]

写真の拡大

 アニメ作品の舞台のモデルとなっている場所を訪れる「聖地巡礼」。この聖地巡礼を観光客の増強につなげることを目的として、一般社団法人アニメツーリズム協会は国内外のファンによるインターネット投票により、85の自治体と観光情報施設を合わせた88箇所を『訪れてみたい日本のアニメ聖地88』として発表した。

【昨年9月に団体設立】「アニメ聖地」88カ所選定して誘客へ

 毎年様々なアニメ作品が放映されている中で、モデルとなる場所は年々増加の一途をたどっている。日本のアニメは国内だけではなく海外にも好評を得ており、このような観光促進政策は外国人観光客の増加も視野に入るほど効果的な政策となっている。2016年に大ヒットしたアニメ映画『君の名は。』の舞台となった岐阜県飛騨市や、漫画家水木しげるの代表作『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクターたちが通り道を展示されている「水木しげるロード」などもこの88か所に選ばれている。

 アニメは年齢によって視聴数にばらつきがあるものの、どの年代の人でもファンは大量に存在しており、アニメの関連グッズなどの売り上げも古い作品ですらいまだに購買力があるキラータイトルがあるほど、日本における重要なコンテンツとなっている。アニメのモデルとなった場所は、国内はもとより海外からも観光客が訪れ、このような『訪れてみたい日本のアニメ聖地88』として紹介されるのであれば、その訪れに一層拍車がかかるのも頷ける。

 『君の名は。』の聖地となっている岐阜県飛騨市では、この作品をきっかけで訪れた観光客が8万にのぼるなど、あきらかな集客効果を出している実績もあり、今や地域活性化を行うのであればアニメとコラボを行った政策が重要な要素となる時代に突入していると言える。従来あまり観光客が訪れないような地域でも、アニメ関連のコラボレーションがあれば爆発的な観光客の増加と関連商品の購買につながる可能性も秘めており、今やこれほどの地域活性化に有効な手段は他に類を見ないとまで言われているくらいだ。「聖地巡礼」がこれからますます地域活性化の重要なキーワードになることは間違いなさそうだ。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
ふるさと納税 9割が意欲
逆開発という選択肢 地域鉄道からみる地方創生
民泊解禁で何が変わる? 民泊先進国の警鐘
「キッズウィーク(仮称)進めたい」と安倍総理
ふるさとワーキングホリデー、今年度は10府県

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードコラボレーション君の名は。ゲゲゲの鬼太郎水木しげる

「経済一般」の写真ニュース

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース