民進・山尾議員、不倫報道で離党届 男女関係は否定 

2017年9月8日 11:18

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 民進党元政調会長の山尾志桜里衆院議員(愛知7区)は7日発売の週刊誌(週刊文春)で不倫を報道されたのを受け、党を離党するとブログで明らかにするとともに、同日、離党届を大島敦幹事長に提出した。国民、地元有権者、同僚議員、党員らに対し「おわび申し上げます」としている。

【こちらも】民進党、幹事長に大島氏 枝野氏は代表代行に 松野氏が国対委員長

 不倫相手とされた男性、倉持麟太郎弁護士については「憲法問題、共謀罪、雇用問題など極めて幅広い政策分野で政策ブレーンとして立案、起案作業や質問・スピーチ・原稿などの作成作業の手伝いをして頂いてきた」と政策ブレーンであったと説明。

 「記事記載ホテルについては一人で宿泊した。倉持弁護士と男女の関係はありません」と記事内容を否定した。そのうえで「誤解を生じさせるような行動で様々な方々にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」と綴っている。

 山尾議員は離党について「考えたことはこれまで一度もありません。感謝の気持ちで一杯であるのと同じだけ、苦しく・悲しい思いが溢れます」と綴り、「国会論戦の場に、今回の混乱を持ち込むことは、民進党、ご支援いただいた皆様にさらなるご迷惑をおかけすることになると判断し、離党する決断をいたしました」と離党への思いを綴った。(編集担当:森高龍二)

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード民進党山尾志桜里弁護士

「国内政治」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース