NYの視点:ECBは10年ぶりユーロ高牽制へ

2017年9月8日 07:48

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ

*07:48JST NYの視点:ECBは10年ぶりユーロ高牽制へ
欧州中央銀行(ECB)は注目となっていた定例理事会で政策金利やフォワードガイダンスを据え置くことを決定し、量的緩和(QE)縮小計画の発表を見送った。同時に発表した見通しに中で、インフレ見通しを引き下げる一方で、2017年度のGDPの成長見通しを2.2%に引き上げ。2007年以降で最高に達すると見ていることを明らかにした。

会合後の会見で、ドラギ総裁は10月に大部分のQEを決定することになるだろうと述べた。さらに、本日の会合で、成長、インフレ、通貨がテーマとなったと指摘。為替に関し、今までは、「目標ではなくインフレや経済に影響する一因となる」との言及にとどめていた。しかし、今回は、為替の変動が不確実性の一因となっているとし、為替の変動に懸念を表明した。為替を政策決定に考慮する必要があると加えた。ECBがユーロ高牽制を行うのは10年ぶりとなる。

為替市場ではECBによるユーロ高牽制にもかかわらず、緩和策縮小の思惑を受けたユーロ買いが継続。対ドルではひとつの心理的な節目となる1.2ドルも突破した。市場は今後、ECBのユーロ上値目標を探っていくことになる。《CS》

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース