DARPA、「チップレット」組み合わせコンピューター作るモジュール化を推進

2017年9月7日 16:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米国防高等研究計画局(DARPA)が、「チップレット」と呼ばれる小規模なICチップを組み合わせて目的とする機能を提供するチップを完成させる「モジュラーコンピューティング」の研究開発を開始したそうだ(TechCrunch)。

 最終的には、民間企業らが開発したチップレットを組み合わせて防衛システムを構築することを目指しているという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
DARPAとボーイングの宇宙飛行機「XS-1」のデザインが決定、製造へ 2017年05月26日
DARPA、ゼロデイ脆弱性の自動発見と自動対処を目指すサイバーグランドチャレンジを開催 2016年07月21日
Google、機械学習に特化した独自LSIチップを開発 2016年05月20日
IntelがSDカードサイズのコンピュータ「Edison」を発表 2014年01月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース