三栄建築設計:米国ロサンゼルスの開発案件「Meldia Skye」が完売

2017年8月24日 09:30

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

三栄建築設計<3228>(東1)は、同社の米国ロサンゼルス営業所が初めて手がけた開発案件「Meldia Skye(メルディアスカイ)」の販売が完了したと発表した。

三栄建築設計<3228>(東1)は、同社の米国ロサンゼルス営業所が初めて手がけた開発案件「Meldia Skye(メルディアスカイ)」の販売が完了したと発表した。[写真拡大]

写真の拡大

■ロサンゼルス営業所の今期売上高は約18億円を予定

 三栄建築設計<3228>(東1)は、同社の米国ロサンゼルス営業所が初めて手がけた開発案件「Meldia Skye(メルディアスカイ)」の販売が完了したと発表した。

 同社は、今後、米国における分譲住宅・賃貸住宅に対する需要が安定的に推移すると考え、現地での不動産事業本格参入のために、2014年10月にロサンゼルス営業所を開設した。現在、新規のオフィスビルや新築戸建の建設・販売を行う一方で、中古物件のリフォーム・販売も手掛けている。

 「Meldia Skye」は6月26日に竣工し、販売をスタート。オフィス棟が1棟とタウンハウス8戸の合計3棟である。オフィス棟は$1,005,000(約11,055万円で管理・メンテナンス費用は別途)。タウンハウスは平均販売価格約$626,909(約6,895万円)の3階建てから成る分譲住宅である。(※為替レートは110円換算)今回は、同社の設計力・デザイン力を駆使し、厳しい法律をクリア。コストを抑えつつクオリティの高いオフィスと戸建住宅を完成させた。    なお、同開発物件の販売は既に契約が終了しており、ロサンゼルス営業所の今期の売上高は約18億円となる予定である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

■ロサンゼルス営業所の今期売上高は約18億円を予定

 三栄建築設計<3228>(東1)は、同社の米国ロサンゼルス営業所が初めて手がけた開発案件「Meldia Skye(メルディアスカイ)」の販売が完了したと発表した。

 同社は、今後、米国における分譲住宅・賃貸住宅に対する需要が安定的に推移すると考え、現地での不動産事業本格参入のために、2014年10月にロサンゼルス営業所を開設した。現在、新規のオフィスビルや新築戸建の建設・販売を行う一方で、中古物件のリフォーム・販売も手掛けている。

 「Meldia Skye」は6月26日に竣工し、販売をスタート。オフィス棟が1棟とタウンハウス8戸の合計3棟である。オフィス棟は$1,005,000(約11,055万円で管理・メンテナンス費用は別途)。タウンハウスは平均販売価格約$626,909(約6,895万円)の3階建てから成る分譲住宅である。(※為替レートは110円換算)今回は、同社の設計力・デザイン力を駆使し、厳しい法律をクリア。コストを抑えつつクオリティの高いオフィスと戸建住宅を完成させた。
 
 なお、同開発物件の販売は既に契約が終了しており、ロサンゼルス営業所の今期の売上高は約18億円となる予定である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース