文科省、量子コンピュータ開発に10年間で300億円投入へ

2017年8月18日 07:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 文部科学省が量子コンピュータの実用化に向け、2018年度に約30億円の予算を投入するとのこと。今後10年間で約300億円を投じる予定だという(日経新聞朝日新聞)。

 量子コンピュータは、カナダのD-Waveがすでに製品化を行っているほか、IBMも実験的なサービスを提供している。D-Waveが採用している「量子アニーリング」方式は東京工業大学の西森秀稔教授などが考案したものだが(マイナビニュースASCII.jp)、日本での実用化は遅れている。

 スラドのコメントを読む | 日本 | テクノロジー | 政府

 関連ストーリー:
中国の量子通信衛星「墨子」、量子もつれ状態の光子を地上に送信することに成功 2017年06月20日
IBM、汎用量子コンピュータサービスを目指す「IBM Q」を発表 2017年03月08日
D-Waveが量子コンピュータ「D-Wave 2000Q」の提供を開始 2017年01月27日
Samsung、量子ドット技術を手がけるQD Visionを買収。量子ドットディスプレイを強化へ 2016年12月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIBM文部科学省量子コンピュータ

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース