休日の事故で障害の男性、休職後の復職認めなかった会社を提訴

2017年8月17日 21:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 休日に交通事故で下半身麻痺となった男性が、その治療のための休職後復職を認めなかった会社を提訴したという(朝日新聞)。

 男性は研究開発に携わっていたが、2014年5月に事故にあい休職。その後、リハビリによってPCによる作業はできるようになったとのこと。会社には対しては「週の半分は在宅勤務、もしくは週1日は昼に早退」「自宅から尾道市内の職場までの新幹線と介護タクシー代で1日あたり計約1万5千円の支給」「給与が下がってもやむをえない」などと伝えたという。

 スラドのコメントを読む | ビジネス

 関連ストーリー:
視覚障害者などに向けたフォーマットの変換等を著作権法の保護範囲外とする「マラケシュ条約」発効へ 2016年07月04日
Microsoft、自閉症者の雇用に向けたプログラムを5月より開始 2015年04月10日
英国の障害者、世界で初めてロボットスーツを自宅に持ち帰る 2012年09月07日
鼻息で操作するコントローラ、重度の障害者でもPCや車いすの操作が可能に 2010年07月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース