三重県の県立高校生、学校がいじめへの対処怠ったとして県を提訴

2017年8月16日 16:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 三重県津市の県立高校3年生が、高校側がいじめへの対処を怠ったために被害が拡大したとして三重県を提訴した。慰謝料など約170万円の支払いを求めている(朝日新聞の記事1記事2中日新聞)。

 この生徒は1年生だった2015年にいじめを受け不登校になったことから、父親が学校に被害を申し出たという。しかし学校側は「仲間はずれでありいじめではない」と判断したほか、当時の教頭から「いじめ重大事態に認定してもよいが、(同校に在籍する)生徒の姉の大学受験に悪影響が出る」などといったことを言われたという。その後Twitterなどに悪口を書き込まれるなどいじめがエスカレートし、県教育委員会はこの生徒について「いじめの重大事態」と認定していた。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 教育

 関連ストーリー:
横浜市教育委員会、「金銭授受はいじめでない」との見解を撤回 2017年02月15日
いじめを受けていた生徒が合計150万円もの金銭を要求されていた問題、教育委員会は「いじめ」ではないと判断 2017年01月24日
「いじめの重大事態」の定義を明確にするよう文科省が議論 2016年10月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード三重県

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース