夏の甲子園、優勝候補の対戦は広陵、中京大中京、秀岳館、大阪桐蔭が勝利

2017年8月11日 21:57

小

中

大

印刷

 阪神甲子園球場で行われている夏の全国高校野球選手権大会は11日、第4日目を迎え、1回戦注目の4試合が行われた。広陵対中京大中京は広陵、秀岳館対横浜は秀岳館、智弁和歌山対興南は智弁和歌山、大阪桐蔭対米子松蔭は大阪桐蔭が勝利した。

 第1試合では広陵が中京大中京と対戦、中京大中京が3回に2点を先制し5回まで2-0とリード。しかし広陵は6回に3点を奪い逆転に成功すると7回にも3点、8回も4点と試合の流れを変える。中京大中京も終盤は粘って9回には3点を返し見せ場を作るがそのまま終了、10-6で広陵が逆転勝ちした。

 第2試合では秀岳館が横浜と対戦、秀岳館は1回に3点を先制し序盤を4-1と優勢に試合を進める。7回にも2点を追加し6-1とするとその裏に3ランを浴びて追い上げられるもそのまま秀岳館が6-4で振り切っての勝利。

 第3試合では智弁和歌山が興南と対戦、興南は3回に一挙6点を奪う。智弁和歌山は4回に2点を返すと続く5回に2本の2ランで4点を挙げ6-6の同点に追い付き、さらに6回に1点を挙げ逆転に成功する。そのまま8回、9回にも追加点を挙げ投手陣も4回から無失点に切り抜け智弁和歌山が9-6で逆転勝ちをした。

 第4試合では大阪桐蔭が米子松蔭と対戦、1回から1点ずつ積み重ね、終わってみれば米子松蔭の反撃を7回の1点に抑え8-1と圧勝した。

 2回戦も、広陵は秀岳館と智弁和歌山は大阪桐蔭と対戦する好カードとなっている。

関連キーワード高校野球

「スポーツ」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース