厚生労働省、企業に労働時間の把握を求める

2017年8月10日 15:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 企業が従業員の労働時間を適切に把握することを義務付けるよう、厚生労働省が労働安全衛生法(安衛法)施行規則を改正する方針を固めたと報じられている(読売新聞)。

 労働安全衛生法では、労働災害を防止するために基準や責任体制の明確化などを定めている。労働安全衛生法(安衛法)施行規則は企業が行うべき具体的な規定を定めたもので、労働時間の把握について「客観的で適切な方法で行わなければならない」などとの文言を盛り込むという。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | 政府

 関連ストーリー:
スズキで始業5分前に行われていた体操、賃金支払い対象と認定 2017年07月28日
新国立競技場の建設に携わっていた23歳男性が自殺、厳しい工期のために現場は過酷な状況 2017年07月25日
厚生労働省が大企業に対し月あたりの平均残業時間公表を義務付けるとの報道 2017年05月22日
経団連が繁忙期の残業時間について「月間100時間未満」には設定できないと主張 2017年03月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード厚生労働省

「雇用・就職・労働」の写真ニュース

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース