地獄少女 宵伽 第4話「わたしを深く埋めて」【感想レビュー】

2017年8月9日 11:22

小

中

大

印刷

記事提供元:あにぶ

地獄少女 宵伽 第4話「わたしを深く埋めて」【感想レビュー】©地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会 ©地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス

地獄少女 宵伽 第4話「わたしを深く埋めて」【感想レビュー】©地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会 ©地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス[写真拡大]

写真の拡大

記事提供元:アニメコラムサイト|あにぶ

 前回は「放送して大丈夫なのか?」というほどダークな内容でしたが、今回も負けず劣らずの内容。導入から、飛ばしていきます。

■冒頭――


 夜の老人ホームで男性従業員から暴行を受けるおばあさん。止めようとした女性従業員まで殴られる!さらには、もう一人のおばあさんまで、別の男性従業員に突き飛ばされて。

 虐待のある老人ホームが舞台のようです。

■主な登場人物


 さくら:今回、冒頭で藁人形を受け取ったお婆さん。酷いことをする従業員たちをどうにかしたいけど、こんなお婆さんには何が出来るのか。考えた結果、藁人形を手に。年配の方なので、死後地獄に落ちるという事実が、とっても重いです。

 民江:さくらさんが施設内で出会った、もうひとりのお婆さん。もう認知症がはじまっているのか、心は子供の頃のよう。冒頭で暴行を受けていた女性です。

 柴田つぐみ:同じく暴行を受けていた女性従業員。実は、過去シリーズにも登場していて、閻魔あいと血縁関係にあります。故に、地獄少女の存在を知る人物。

 男性従業員たち:お婆さんたちに暴行を振るう、今回のクズたち。

 矢野原冴子:矢野原グループの娘。数々の高級老人ホームで稼いでいる。要は、今回の黒幕。老人を金の種としか思っていない、率先して虐待をしているお方。

■輪入道、施設を調査


 矢野原冴子は、“真心を込めて接している”と嘘ばかり口にし、表向きは素敵な老人ホームを演出しています。働いている方々も、つぐみさんと一部の新人を除けば、矢野原冴子の取り巻きみたいなクズばかり。

 今回、現場に潜入して調査するのは輪入道です。地獄少女組の中では最も人生経験に優れ、容姿もお爺さん。老人ホームへの潜入は適した人物です。

 輪入道は藁人形を受け取ったさくらさんと接し、小学校時代の先生に似ているから――という理由で、“先生”と呼ばれることに。民江さんと親しいこと、孫娘に心配をかけたくなくて、元気でやっていると嘘をついていることなどを聞き出します。
お爺さんお婆さんになっても青春は出来る! とでも言うかのように、イイカンジの雰囲気になっていく二人。

 外から観察していたきくりは、「ハゲが赤くなってる!」と発言。

 きくりの迷言(?)が、暗い物語の中では癒やし的要素に……。限りなく暴言に近いですけど。

 「介護する人もされる人も一緒なの。今介護してる人達も、いつかは介護される。みんな、ソレを忘れちゃってるのね」

 そう語るさくらさんと、彼女を心配しつつも何も出来ないことを悔しく思うつぐみさん。

■流されたのは


地獄少女 宵伽 第4話「わたしを深く埋めて」【感想レビュー】

画像引用元:©地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会 ©地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス

 さくらさんは、自分が地獄に落ちることより、人生の最後に人を呪っていいのかどうかを気にし、藁人形の使用をためらっています。

 いい人なのに、そんな人ばかりが損をするアニメですね(´・ω・`)

 輪入道は毎日施設に通い、さくらさんと接し続けます。そんな輪入道に対するきくりの発言。

 「ハゲもあの高級姥捨て山に入居したのか?」

 地獄少女シリーズでも1,2を争う名セリフですね、これは。

 高級姥捨て山……まさにその通りになっていることが恐ろしいです。

 そんなある日、ついにさくらさんまで認知症になってしまったのか、虐待のせいなのか、輪入道のことを忘れてしまいます。さらには、矢野原冴子が報道陣を引き連れ視察にやってきます。新人の女性従業員が虐待の事実を訴えかけるも、とぼける矢野原冴子。さくらさんが記録を取っていると知り、彼女の部屋へ移動。

 「記録を取ってたんでしょ! 出しなさい!」

 「後がつかえてんの! 入居希望者がいっぱいいるんだから! さっさとくたばりな!!」

 ついに言っちゃいましたね。そして、集団での暴行。この時、つぐみさんが秘密裏にしかけていたICレコーダーで録音がなされていたはずなのですが……。

 実は、さくらさんはボケたフリをしていただけでした。本当にボケていると思った矢野原冴子は、彼女から聞き出すのを諦め、いつも孫娘とのメールのやり取りに使っていたパソコンをあたります。

 しかしさくらさんは、つけていた日記を外に埋め、輪入道との関係も切り、あとに残るものをなくしてから行動を起こすつもりだったのです。

 そしてついに、地獄に流される矢野原冴子。介護を模した罰を受けることに。

 こうしてトップが変わり、その後も老人ホームの日常へ続く。

地獄少女 宵伽 第4話「わたしを深く埋めて」【感想レビュー】

画像引用元:©地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会 ©地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス

■地獄少女 宵伽 は現代の社会問題を鋭く抉(えぐ)ってきてます


 というお話だったわけですが。

 結局録音したレコーダーはどうなったのか。他の従業員も虐待をしていたわけですが、そちらはどうなったのか。

 なんともスッキリしない、いつも通りの終わり方です。前回は家庭問題、今回は老人ホーム問題。実に社会派なアニメです。

 本当に、どんどん凄いことになっていきますね。

 地獄少女 宵伽 第3話「いつか誰かが…」【感想レビュー】

(あにぶ編集部/星崎梓)

©地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会 ©地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス

情報提供元:あにぶは、アニメのおたくな情報やアニメのニュースを初め、アニメのコラムなどを配信しているアニメコラムサイトです。

■関連記事
『Another』足の小指を箪笥にぶつけたら思い出したい痛いアニメ
『ナイトウィザード The ANIMATION』月夜に異世界を感じたならこのアニメ
『人魚の森 』人魚伝説を和ホラーでどうぞ

関連キーワード地獄少女地獄少女 宵伽

「アニメ・マンガ・特撮」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース