デフ・レパードのギタリスト、海賊版の音楽がバンドに若い聴衆もたらす

2017年8月6日 22:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

英ロックバンド デフ・レパードのギタリスト、ビビアン・キャンベルによれば、海賊版の音楽がバンドに新たな若い聴衆をもたらしているそうだ(Ultimate Classic Rockの記事TorrentFreakの記事)。

デフ・レパードの公演では10年以上前から若い聴衆が増えているが、この数年は急増しているという。若い人たちが海賊版を聴き、デフ・レパードの音楽を気に入って公演にも足を運ぶようになったとキャンベルは考えているようだ。今年でデフ・レパードは結成40周年、キャンベルが加入してから25年となる。年とともに演奏の円熟味が増していく一方でファンも高齢化していくが、若い聴衆のおかげてパフォーマンスも盛り上がる。何十年も繰り返し演奏してきたソングそのものから高揚感を得ることはないが、聴衆からエネルギーを得ることで、過去最高の演奏が可能になっているとのことだ。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 英国 | YRO | 海賊行為 | 音楽

 関連ストーリー:
Apple、Apple Musicの印税引き下げを音楽レーベルと交渉中 2017年06月25日
米消費者、過半数が新しい音楽をラジオで見つける 2015年01月12日
カナダレコード協会、インターネット規制を政府に要請 2014年01月27日
テレビ番組の海賊版、契約者を増やす効果がある? 2014年01月03日
ヘビーメタルは海賊行為に強い? 2013年12月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード海賊版

「知的財産権」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース