昭和電線ホールディングス<5805>のフィスコ二期業績予想

2017年7月17日 21:30

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*21:30JST 昭和電線ホールディングス<5805>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2017年7月14日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

昭和電線ホールディングス<5805>

3ヶ月後
予想株価
90円

電線大手の一角。電力関連、情報通信、生活・環境などの分野で展開。免震装置や超電動関連製品も扱う。19.3期営業利益35億円目標。デバイス事業は損益改善。電線線材事業は収益好調。17.3期は最終黒字転換。

電力システム事業は国内向け需要が底堅い。18.3期は小幅増収計画。価格転嫁などが寄与も、構造改革効果は減退。収益鈍化の可能性だが、電線地中化関連のテーマ性が株価の支援材料。当面の株価は堅調推移継続か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/156,000/3,500/2,500/1,800/5.84/0.00
19.3期連/F予/158,000/3,700/2,700/1,950/6.33/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/07/14
執筆者:YK《FA》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告