自動運転シャトルバス「NAVYA ARMA」、日本で初の実証実験

2017年7月17日 07:23

小

中

大

印刷

NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)。(画像:SBドライブ発表資料より)

NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)。(画像:SBドライブ発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ソフトバンクのグループ企業の一つであるSBドライブは、自動運転バスの実用化に向けた検証などを行う「自動運転バス調査委員会」に参画し、都内で行われる実証実験に、同社が保有するフランス・Navya製の自動運転シャトルバス「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」を提供すると発表した。

【こちらも】自動運転バスが創る未来、各地で試験・導入へ

 NAVYA ARMAが日本国内で実験車両として使用されるのは、これが初めての機会になるという。実証実験は、17日から23日にかけて、東京都港区のプリンス芝公園で行われる。

 NAVYA ARMAは、スイスのシオンで既に公共交通機関として導入されており、また、アメリカなど数カ国で走行試験が実施されている。

 車名「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」、メーカーはNavya SAS。座席数11、乗車定員15名。動力は15kw1基の電動。設計最高時速は45キロで、設計駆動時間は最長13時間。

 車両寸法は全長4.75メートル、全幅2.11メートル、全高2.65メートル。車両重量は2,400キログラム、車両総重量は3,450キログラム。

 自動運転専用の電気自動車であり、GPSなどにより自社位置を測位、レーザーレーダーやカメラなどで障害物を検知、設定ルートを自律走行する。

 ちなみにNAVYA ARMAは、一説にはレベル5、最高レベル自動運転車であるとも言われている。レベル5の要件は、「どのような条件のもとでも自律的に自動走行をする車」である。ちなみにレベル4も自律的に自動走行をする車であるが、「どのような条件のもとでも」という一文が削られる。

 日本での完全自動運転の実用化・普及までには、まだ相応の時間がかかることではあろう。だが、今回の取り組みも、実現に向けた一歩となるかもしれない。(藤沢文太)

関連キーワードソフトバンク電気自動車自動運転フランススイス

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース