欅坂46のグラビア露出が増加、渡辺梨加&長濱ねるの2人に期待

2017年7月16日 21:22

小

中

大

印刷

7月5日発売の『週刊少年マガジン』の表紙に登場した渡辺梨加(左)と渡邉理佐(右)。どちらもモデルで活躍できるルックスを持っているのがわかる(c)講談社

7月5日発売の『週刊少年マガジン』の表紙に登場した渡辺梨加(左)と渡邉理佐(右)。どちらもモデルで活躍できるルックスを持っているのがわかる(c)講談社[写真拡大]

写真の拡大

■欅坂46に所属する渡辺梨加の人気が上昇中

 2016年に鮮烈なデビューを飾った欅坂46。まだ各個人よりもグループ名の知名度が高く、メンバーの中でも認知されているのは高校生センターの平手友梨奈ぐらいだろうか。しかし、2017年も後半に差し掛かり、欅坂46のメンバーがグラビアを飾ることも多くなってきた。その中で特に注目していきたいのが渡辺梨加と長濱ねるだ。

【こちらも】タワレコ上半期シングル2位の欅坂46、7月には1stアルバムの発売が決定

■レギュラーモデルも決定した渡辺梨加とは

 渡辺梨加は1995年生まれの22歳。平均年齢が低い欅坂46の中では最年長となる存在だが、天然っぷりが激しく常にボケ担当になっている。その一方でルックスはグループ内1とも言われており、握手会では常に人気ナンバーワンのアイドルである。

 メディアへの露出は決して多いほうではなかったが、定期的に女性向けファッション誌『LARME』にモデルとして登場。彼女が登場した際には常に話題となり、読者からも渡辺に関する問い合わせが殺到したようだ。その反響をうけ、2017年7月には『LARME』のレギュラーモデルとなることが発表された。実は、『LARME』には乃木坂46の白石麻衣もレギュラーモデルとして参加している。今後は彼女に続く逸材として活躍することが期待されている。

 また、女性向け雑誌だけでなく週刊漫画雑誌への露出も一気に増えている。7月5日発売の『週刊少年マガジン』には、すでに『non-no』の専属モデルとして活躍する渡邉理佐と共に登場。「ダブルわたなべ」として表紙と共に巻頭グラビアとして掲載され、グループ内でも美形アイドルとして知られる2人が夢の共演を飾る形となった。

 さらに、13日発売の『週刊ヤングジャンプ』の巻末グラビアに渡辺は単独で登場した。夏らしい麦わら帽子とキャミソール姿で登場し、女の子の魅力を存分に発揮する写真となっている。同誌には約1年前にも掲載されたことがあったが、アイドルとしてさらに成長した姿を見せつける形となったようだ。

■「逸材」と称される長濱ねるの注目度も高まる

 渡辺梨加の露出が増える一方、ドラマ『残酷な観客達』にてキーパーソンとなっている長濱ねるの存在感も徐々に高まっている。長濱は欅坂46のアンダーグループである「けやき坂46」のメンバーに所属しながら、その才能から欅坂46のメンバーとしても活躍している。

 その注目度はアイドル好きや業界内だけでなく、ファンからも高まっているようだ。まだまだ露出が少ない中で、7月12日発売の『週刊少年サンデー』には浴衣姿で表紙と巻頭を飾ることになった。アンダーグループに所属するアイドルが表紙を飾るということを考えれば、彼女がいかに注目されているのかがわかる。

 AKB48自体の勢いが縮小傾向にある今、派生形である乃木坂・欅坂に注目が集まっている。個人的には、今後のドラマ・映画において活躍するようなアイドルが出現することに期待したいところだ。(藤田竜一)

関連キーワード週刊ヤングジャンプAKB48欅坂46乃木坂46白石麻衣平手友梨奈週刊少年マガジン週刊少年サンデー残酷な観客達渡辺梨加長濱ねる

「芸能」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース