NEC、海外での受注続く 社会ソリューション分野での成長目指す

2017年7月13日 11:33

小

中

大

印刷

ポルトガルの首都リスボン

ポルトガルの首都リスボン[写真拡大]

写真の拡大

 NECは12日、ポルトガル・リスボン市よりスマートシティインフラ構築のプロジェクトを受注したと発表した。ポルトガルの首都であるリスボン市は、観光都市として有名である一方で少子高齢化が進み、人口減少と新たな産業の開発育成が課題となっている。市民や観光客の増加に向けた都市環境改善の一環として、都市の安全性の向上と市民の生活の質(QOL)改善を目指し、街環境データや各種産業と都市の複数部門のデータを横断的に統合して都市全体のデジタルトランスフォーメーションを検討しているという。

【こちらも】NEC、英警察に顔認証システム提供 CL決勝でも活用 国際展開に加速へ

 今回のプロジェクトでは、リスボン市内部にある10のシステムと、空港・鉄道・エネルギー・警察などの外部パートナーの持つ30のシステムを、NECの「クラウド・シティ・オペレーション・センター」を活用して統合し、リスボン市全体を俯瞰する「市政サービスオペレーションセンター」を構築する。AI・IoTなどの技術を活用し、リアルタイムに市中のデータを収集・分析することにより、速やかな市政サービスの提供に貢献する。

 NECは同じく12日、インドのアーメダバードスマートシティ開発公社からIoTを活用して安全出正確なバスの運行を実現する「高度交通運用管理システム」を受注したと発表している。同システムと連携する自動改札機なども提供し、オペレーションセンターでの運用・保守まで支援する。

 現金のデジタル化・キャッシュレス化の推進など、ITを駆使したスマートシティ化が進むインドでは、交通インフラの高度化も進められており、NECはこれまでの交通システムの導入実績を活かす。

 11日には英国サウス・ウェールズ警察に顔認証システムを提供すると発表、先月28日にはワシントン・ダレス空港で顔認証システムの実証実験を開始するなど、海外における社会ソリューション事業分野の話題が続いている。数年に渡り業績が悪化していたNECは、2017年3月期から2018年3月期の業績反転を目指しており、社会ソリューション事業は、重要な足掛かりとなりそうだ。(高橋珠実)

関連キーワードNEC人工知能(AI)IoT(Internet of Things)交通システム

「電気機器業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース