米カリフォルニア、太陽光発電による発電が増えすぎ電力網に負荷

2017年7月6日 11:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 カリフォルニア州は、太陽エネルギーの申し子とも言える存在だ。2016年には、州の電力の13%が太陽光発電によるものだという。しかし、太陽エネルギーの発電量が多すぎると、電力網に負担が掛かり停電が発生する可能性があるという。実際、カリフォルニア州は太陽光による発電量が増えすぎたため、電力線への過負荷を防止するため余剰電力を他州に提供している。アリゾナ州もその提供を受けており、2017年は電力コストを減らすことに成功している(MicLos Angeles TimesSlashdot)。

 しかし、それは一般人が考えるほど環境に優しいわけではない。先のアリゾナ州でも、化石燃料の代わりに独自の太陽エネルギー導入を検討している。しかし、天候などに左右される再生可能エネルギーには化石燃料のような冗長性がないことから、化石燃料から太陽エネルギーへの置き換えが進むとアリゾナ州がカリフォルニア州と同じ問題を抱えることになりかねない。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 電力 | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
再生可能エネルギー全量買い取り制度がスタートして5年が経過 2017年07月03日
トランプ大統領、メキシコとの国境に設置する壁を太陽光パネルにする案を披露、自画自賛 2017年06月28日
中国で世界最大という出力40MWの水上設置型太陽光発電施設が完成 2017年05月31日
九州全域で照明がちらつく「電圧フリッカ」発生、太陽光発電設備の普及が原因 2017年05月08日
太陽光発電システムを設置した建築物の消火には注意が必要 2017年02月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード太陽光発電

関連する記事

「太陽電池・太陽光発電」の写真ニュース

環境・エコの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース