「リラ バイ スピック&スパン」真珠を藍色に染める技術で特許取得

2017年7月5日 20:39

小

中

大

印刷

記事提供元:アパレルウェブ

 ベイクルーズグループのフレームワークス(東京、窪田祐社長)が運営するジュエリーブランド「リラ バイ スピック&スパン(Lilas by Spick & Span)」は、独自開発した特殊技術でパールを本藍に染めあげた「インディゴパール(R)」シリーズが特許を取得した。特許第6143991号。

 世界中の女性に愛されるパールをもっと身近に感じて欲しいという願いから、カジュアルからフォーマルまで使用できるパールジュエリーの開発に着手した。デザイナーには、ジュエリーの知識に加えてテキスタイルの知識があったため、天然パールを藍で染めることに挑戦した。

 独自開発した技術は、パール本来の輝きはそのままに、内部まで染めることができる。着色真珠の製造方法と、この技術で誕生した「インディゴパール(R)」が特許を取得した。日本固有の伊勢志摩産あこやパールも染色が可能。

 「天然真珠とは違った特別な印象を与えるインディゴパール。日常の様々なシーンのスタイリングにプラスして楽しんでほしい」と同社のデザイナーはコメントする。

■リラバイスピック&スパン 公式サイト
http://lilas.spickandspan.jp/

■ベイクルーズ 公式ECサイト 
https://baycrews.jp/brand/detail/spickandspan

※この記事はアパレルウェブより提供を受けて配信しています。

関連キーワード特許ベイクルーズグループ

「知的財産権」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース