北朝鮮の資金洗浄に関与 米が中国企業を提訴

2017年6月19日 12:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:16JST 北朝鮮の資金洗浄に関与 米が中国企業を提訴
 米検察当局は15日、北朝鮮の資金洗浄に関与したとして、中国企業を相手に190万ドル(約2億1千万円)の差し押さえを求める民事訴訟を起こしたことを発表した。当局が摘発した北朝鮮資金の中では最高額だという。

北朝鮮、FRBから90億円の不正引き出し 
中国共産党が共謀か


 訴状などによると、中国企業は明正国際貿易有限公司(以下、明正公司)。本社は遼寧省瀋陽市にあり、登記簿上の所有者は中国人だが、実質上、北朝鮮外貿銀行が開設したダミー会社であり、マネーロンダリングなどを担っている。


 今年に発表された国連専門家チームの報告書は、北朝鮮は海外で他国人名義のダミー会社を設立し、その銀行口座で資金洗浄や国連制裁で禁じられている金融業務を継続している、と報告した。


 米検察当局は昨年、明正公司と緊密な金銭往来をもつ中国企業「丹東鴻祥」の上層部幹部ら数人を、北朝鮮の資金洗浄に関与した容疑で刑事告訴した。

(翻訳編集・叶清)

記事提供:大紀元《FA》

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース