LEXUS CTがマイナーチェンジ アグレッシブな外観得て、安全装備が充実

2017年6月17日 10:30

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

エクステリア&インテリアを刷新、マイナーチェンジしてアクティブな顔に進化したLEXUS CT 200h。アルミホイールの意匠も変わっているようだ

エクステリア&インテリアを刷新、マイナーチェンジしてアクティブな顔に進化したLEXUS CT 200h。アルミホイールの意匠も変わっているようだ[写真拡大]

写真の拡大

 レクサスから、マイナーチェンジした新型コンパクトハッチバック「LEXUS CT」のデザインを世界初公開した。

 LEXUS CTは、ダイナミックかつスポーティなスタイルをもつレクサスブランドでもっとも小型のプレミアムコンパクト車。優れた環境性能や快適性を実現したハイブリッド専用車として、好評を博してきた。言ってみれば、「LEXUS GS」や「LEXUS RX」に乗っているお父さんの奥様やお嬢様の“お・クルマ”といったポジションで、けっこう売れているモデルだ。

 今回、発表された新型CTでは、LEXUS独自のデザイン要素をさらに洗練させ、個性的なデザインを一層進化させた。

 上質かつアグレッシブな印象を与える新規造形のメッシュを持つスピンドルグリルや、ヘッドランプ上部に配置されたアローヘッド形状のクリアランスランプなど、精悍な表情が際立つエクステリアを実現したのが特徴だ。

 ボディ寸法に大きな変化はないようだ。現状の全長×全幅×全高4350×1765×1450-1460mmから大きく変化はしないだろう。全長のわりに長めのホイールベース2600mmが、従来から乗り心地の良さにつながっていた。

 発表資料では、パワートレーンについての言及はない。が、これも大きな変更はなさそうだ。

 インテリアは、シート表皮にオーナメントパネルとの一体感を感じさせる2トーンカラーを採用したほか、ナビゲーションディスプレイを10.3インチに大型化し、利便性も高めている。

 いちばん大きな改良ポイントは、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を新たに採用し、安全運転支援の強化を図ったことだろう。新型CTの日本での発売は、2017年秋を予定している。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
LEXUS最上級セダンLS500のスポーツバージョン“F SPORT”をNYショーで発表
「Lexus LS」のスポーツバージョン「F SPORT」をNYショーで公開する
4月19日、中国上海で開幕する「上海モーターショー2017」の日産とレクサス
レクサスのフラッグシップ・クーペ「レクサスLC」が発売、V8・NA版とハイブリッド版
トヨタ、TRIが開発した自動運転実験車を米カリフォルニア州のイベントで展示

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードレクサス(LEXUS)

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース