体を切断しても再生するプラナリア、宇宙空間で頭が2つに

2017年6月16日 20:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 再生能力が高く、体を切断するとそこから各器官が再生して各部分が独立した固体になることで知られるプラナリアだが、体を3分割した後に国際宇宙ステーション(ISS)に持ち込んで宇宙空間で再生させたところ、体の両端に頭が2つ再生された固体が確認できたという(ハザードラボ)。

 実験では頭部、胴体、尻尾の3つに切断したプラナリアを用意し、ISSに5週間滞在させてから地上に戻したという。その結果、胴体部分のサンプルで体の両端に頭が2つ再生された個体が確認されたという。

 また、この個体は地球に戻ってからも1年以上双頭状態が続いており、さらに両端の頭を地上で切断しても両端から頭が再生されたという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | バイオテック | サイエンス

 関連ストーリー:
宇宙空間で蒸留酒を造るにはどうすれば良いか 2017年04月17日
油井宇宙飛行士曰く、宇宙空間で足は重要 2015年09月01日
宇宙飛行士の心臓、球体に近く変形していたことが確認される 2014年04月02日
頭を再生する遺伝子、プラナリアで解明 2010年04月30日
プラナリアの頭と尾の方向を決める仕組みを解明 2009年12月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード国際宇宙ステーション(ISS)

関連する記事

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース