劣化が進むVHSビデオテープ

2017年6月13日 16:34

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 1976年に最初のVHSビデオデッキが発売されてから40年の月日が経過しているが、昨今では古いVHSビデオテープが経年劣化によって見られなくなる事態が想定されるという(GIGAZINENPR)。

 磁気テープメディア寿命は諸説あるが、15〜30年程度と言われている。また、保存環境によってもこれは変化する。そのため、VHSテープに記録された映像のデジタル化を支援するXFR Collectiveという非営利財団も登場しているそうだ。この財団はVHSテープに記録された古い歴史的映像をデジタル化して公開する活動も行っているという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ストレージ

 関連ストーリー:
磁気ストライプ式カードのトラブルが増加、手帳型スマホケースで使われている磁石が一因 2017年04月25日
デジタルデータ化によって人類の知識が消失するリスク 2016年10月08日
磁気メディアの読み書き速度の物理的限界が判明 2004年04月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「AV機器・カメラ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース