日本オーディオ協会、「ハイレゾロゴ」の手数料収入大幅増を見込む

2017年6月13日 08:34

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 一般社団法人日本オーディオ協会が平成29年通常総会で、「ハイレゾロゴ」による手数料収入の大幅増を見込んでいることを明らかにした(Phile-web)。

 同協会はハイレゾ対応製品の審査・認定を行っており、現在国内外の127社全1,257製品が認定されているそうだ。この取り組みを始めてから同協会の正会員数は3.6倍に増加しており、申請や問い合わせも続々と増えているという。そのため、2017年度予算ではハイレゾロゴ手数料収入として2016年度の343万1,000円から3倍以上増加した1,152万5,000円を見込んでいるという。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | お金

 関連ストーリー:
ソニー、アナログレコードをハイレゾ音源として保存できるターンテーブルを発表 2016年01月08日
ソニー製コンポCMT-SX7に「聴こえない高周波が大音量で流れる」不具合 2015年07月24日
ソニーがハイレゾ対応ウォークマン新モデルを発表、お値段は10万円超え? 2015年01月07日
「鼓膜では聞き取れない高周波を含むハイレゾ音源」を聞くと脳はより多くの快感を感じる? 2014年09月25日
「PCMのハイレゾ音源」は「44.1kHz/24bit以上」に 2014年03月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードハイレゾ

「AV機器・カメラ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース