乃木坂・生田絵梨花の『岩谷時子賞奨励賞』にかけた思い

2017年6月12日 19:29

小

中

大

印刷

 乃木坂46の生田絵梨花が、第8回岩谷時子賞奨励賞を受賞した。岩谷時子といえば、越路吹雪のパートナー(マネージャー)として、公私にわたって彼女を支えながら、自らも『愛の賛歌』『君といつまでも』『恋のバカンス』といったヒット曲の訳詞、作詞を手掛けた戦後を代表する作詞家であり、晩年はあの本田美奈子を『越路吹雪の再来』と評価して、多くの楽曲を提供したことでも知られている。

【こちらも】乃木坂46・伊藤純奈の演技力に賞賛の嵐

 まだ8回と回数は浅いものの、これまでも奨励賞は藤本隆宏、中村勘九郎、新妻聖子らの実力派が受賞している、権威のある賞だ。

 今回、生田絵梨花は、ミュージカル『レ・ミゼラブル』のコゼット役を評価されての受賞ということで、乃木坂としてではなく、個人としての受賞は初めてとなり、喜びにあふれたコメントを出している。

 ただ、この『レ・ミゼラブル』を見た者としての、個人的な感想は、「まだまだ向上の余地はある」というものだったのが正直なところだ。

 生田は、綺麗な歌声だし、発音や滑舌もよかったが、唯一、ミュージカル女優にとっては絶対に必要だと思われる声量…迫力が、どうしても足りなく感じたのである。もちろん、同世代の女優の中では頭一つ抜けているが、新妻聖子や中村勘九郎と比肩するかといわれると、少々違和感がある。やはり乃木坂ブランドが効いたか?などと勘繰りたくもなるのだが、受賞後のインタビューを見て、その懸念は払しょくされた。

 生田絵梨花は、賞金の100万円をすべて観劇に費やしたいと発言したのである。AKBを卒業した直後、前田敦子は海外に芝居の勉強に行き、大島優子も幾多の舞台、映画を見たという。それを現役アイドルの忙しいスケジュールの合間にやり遂げようとするのだから、その貪欲さにはあきれ返るばかりだ。

 自分に足りない部分を自覚し、それを克服しようと思っていなければ、なかなかできない発言を、彼女は当たり前のようにしていたわけで、この向上心の強さがどこから来るのか……。

 いずれにせよ、まさに「奨励賞」に値する彼女の受賞に心から拍手を贈りたい。(潜水亭沈没)

関連キーワード生田絵梨花乃木坂46

「芸能」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース