ARM版Windows 10、Intelの特許を侵害する可能性?

2017年6月11日 10:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

MicrosoftとQualcommによるARM版のWindows 10がIntelの特許権を侵害する可能性があるようだ(Intelの論説記事The Registerの記事V3の記事Neowinの記事)。

Intelが初のx86マイクロプロセッサー「Intel 8086」を提供開始したのが1978年6月8日。Intelのニュースルームで6月8日に掲載された論説記事は39周年を記念してx86命令セットアーキテクチャー(ISA)の強化などについて解説する内容だが、後半の知的財産保護に関する記述が全体の3分の1以上を占める。

その中で、いくつかの会社がIntelのプロプライエタリーなx86 ISAを無断でエミュレートしようとしているとの報道があることに触れ、過去にTransmetaがエミュレーション技術を用いたx86互換プロセッサーを開発した際、エミュレーションであってもIntelは特許権を行使してきたと述べている。Intelは合法的な競争を歓迎するとし、x86 ISAの実行に最適化したIntelのマイクロプロセッサーが競争に勝つ自信を見せる。一方、違法な特許侵害行為は歓迎しないと述べ、他社がIntelの知的財産権を尊重することへの期待を表明している。

記事では会社名を明示していないものの、MicrosoftとQualcommを指しているとみられる。QualcommはThe Registerに対し、記事の知的財産権に関連する点には触れず、同社のSnapdragon 835 モバイルPCプラットフォームが将来のパーソナルコンピューティングを変えるものになるなどとコメントしたとのことだ。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | マイクロソフト | Intel | IT | モバイル | ハードウェア | パテント | ソフトウェア | Windows

 関連ストーリー:
Snapdragon 835搭載のWindows 10 PC、ASUSとHP、Lenovoが年内発売 2017年06月04日
ロシア独自のCPU「Elbrus-8S」搭載PCとサーバーが初公開される 2017年05月28日
x86向けバイナリを実行できるARM版Windows 10が発表される 2016年12月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSnapdragonQualcommMicrosoftWindowsWindows 10LenovoIntelASUSHP特許

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース