ウィキメディア財団、退職のマネージャーに約50万ドルの退職金

2017年6月10日 16:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Wikipediaなどの運営を行うウィキメディア財団(Wikimedia Foundation)が公開した2015~2016年度の年次財務報告書「Form 990」により、同財団が退職するマネージャーに50万ドル近くの退職金を支払っていたことが明らかになった。これに対し批判の声が挙がっている(The RegisterSlashdot)。

 同財団は非営利組織であり、Wikipediaは寄付によって運営されている。また、そのコンテンツ作成も無報酬でボランティアが行っている。そそのため、幹部の給与については透明性がないとして批判を受けている模様。財団側は「ボランティア、ドナー、ステークホルダー間のやりとりをオープンにすることを約束している」としている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Wikipedia | お金

 関連ストーリー:
2016年、英語版Wikipediaで2番目に編集回数の多かった記事は「Donald Trump」 2016年12月24日
Wikipediaの寄付募集とWikimediaの保有現金はミスマッチ? 2014年12月06日
Wikimedia財団、Bitcoinでの寄付受け付けを開始 2014年08月01日
Wikipediaまたしても資金難、そろそろ広告導入するべき? 2010年12月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードウィキペディア(Wikipedia)退職金

「IT・情報通信業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース