政府、サイバー攻撃に対し反撃を行えるように法整備を検討へ

2017年5月18日 21:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 政府がサイバー攻撃を受けた際に、国が同様の手段で対抗措置を行えるようにするための立法や法改正を検討しているという(TBS日経新聞)。

 現在ではサイバー攻撃は不正アクセス禁止法などで規制されているが、電力や鉄道といった重要インフラが攻撃を受けた際に対抗できるようにする。2020年までの法整備を目指すようだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 軍事 | セキュリティ

 関連ストーリー:
Microsoft、脆弱性情報をサイバー兵器として備蓄する政府を批判 2017年05月17日
米ダラス市のシステムにサイバー攻撃、深夜に緊急サイレンが長時間鳴らされる 2017年04月13日
北朝鮮は金融機関をサイバー攻撃して核開発資金を得ている? 2017年04月08日
オバマ政権、北朝鮮にサイバー攻撃を指示していた。成否は不明 2017年03月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードサイバー攻撃

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース