Microsoft「著作権物を繰り返し共有・公開されないための特許」所有

2017年5月13日 16:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Microsoftはクラウドホスティングサービスで繰り返し著作権侵害を行う人物に対処するための特許を所有しているそうだ(TorrentFreakBillboardSlashdot)。

 著作権物の共有が行われているのは海賊版サイトだけではない。Dropbox、Googleドライブ、OneDriveなどのクラウド型ファイル共有サービスの共有システムも海賊版の提供に使われることがある。こういったサービスでは個人的にコンテンツをアップロードすること自体は認められているため、著作権物を削除して終わりというわけにはいかない。この場合、ファイルをサーバーに残したまま共有オプションを無効にする必要がある。

 Microsoftの特許は利用者の違反履歴(インシデントレコード)参照、繰り返し著作権侵害を行う人物を特定する。その上で特定した人物の共有関係のアクセス権を変更することができるというものだという。

 米国のISPであるCox Communicationsがこうした繰り返し著作権侵害を行う人物への対処に失敗し、裁判所から2500万ドルの賠償を行う判決を受けたことからこの対処方法が注目されるようになったという。GoogleでもGoogleドライブにあるファイルに対してハッシュマッチングを行い、音楽ファイルなどの「フラグ付き」ファイルを共有しないように設定している。Dropboxでも同様の対策を行うとしている。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | マイクロソフト | パテント

 関連ストーリー:
Googleドライブの海賊版共有対策はハッシュ値の照合? 2017年02月14日
EFF、社内のソーシャルネットワークを活用して文書のハードコピーを共有するXeroxの特許を酷評 2016年02月07日
Dropbox、ピアツーピア型のファイル共有特許を取得 2016年01月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権著作権侵害GoogleクラウドMicrosoft海賊版Dropbox特許裁判Billboard

関連する記事

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース