ロシア、人型ロボットが拳銃を撃つ動画を公開 物議を醸す

2017年4月21日 21:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 ロシア当局が、人型ロボット「F.E.D.O.R.」(Final Experimental Demonstration Object Research)が拳銃を撃つ動画を公開した。動画では左右両方の手に拳銃を持ち、標的を正確に打ち抜く様子が映されている(PC WatchSlashdot)。

 F.E.D.O.R.は昨年、宇宙飛行士の支援目的などに使うとして発表されたロボット。2021年に国際宇宙ステーション(ISS)の船上で運用する計画を立てていた。今回、ロシアがロボットに拳銃を持たせた意図について、MashableAsiaは当初の国際宇宙貢献の意図とはまったく逆の命を奪う兵器になると批判している。

 いっぽうロシア側はこれに対し「殺人兵器」との批判を否定、「射撃訓練はロボットに優先順位付けや瞬間的な意志決定を学習させるためのものだ」「AIを作っており、ターミネーターを作っているのではない」と反論している。

 スラドのコメントを読む | ロボット

 関連ストーリー:
ロシア、テスト中のロボットが施設から脱走 2016年06月19日
ロシアがバイクに乗った戦闘ロボを開発 2015年01月26日
ロシア、新型ロボット宇宙飛行士「SAR-401」を公開 2013年12月03日
ロシアで「機械の体」の実現を目指した研究が進められる 2012年03月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロシア国際宇宙ステーション(ISS)

「ロボット・人工知能(AI)」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース